LIFE STYLE

ノルウェーとヨット(セーリング)

今日、イヤホンを耳に付けず首からぶら下げていて気付いたら

イヤホンの耳にフィットさせる大事な部分を落としました。

IMG_0872_R

どこで落としたか分からなかったんですが、ちょっと諦めきれず、

不審者のごとく地面を見ながら歩くこと一時間。見つけました。

こっちきてから一番の達成感を味わったと言っても過言ではありません。

落として見つけただけなのでプラマイゼロもいいとこですけど。。

 

ノルウェーではヨットが本当に盛んです。

少し海岸に移動すればその姿を見ることが出来ます。

IMG_0809_R

IMG_0806_R

北欧といえばヴァイキングとよく言われます。

とはいえヴァイキングと聞いただけでは正直僕らには全くピンときません。

そこでちょっと調べてみました。

ヴァイキングとはヴァイキング行という行為のことのようです。

どんな行為かというと、要は海賊です。大海賊時代だったわけです。

目的は大きく分けると、略奪で財産を稼ぐこと、新天地の開拓の2点です。

フェロー諸島やアイスランドはこのヴァイキング行によって発見されました。

歴史的な役割としては交易路の確保に繋がったと言われています。

そういう歴史背景から北欧の人たちは海に出ることに関してすごく積極的なようです。

IMG_0815_R

ヨットの大会の表彰台がこんなに人目のつくところに。(日本ではまずない)

IMG_0818_R

OP級(オプティミスト)と言われる船。

小学生~中学生までが日本では対象です。

その昔、これに僕も乗ってレースに出ていました。(あまり良い思い出はない)

IMG_0808_R

正式な種類は分かりませんが、これに似たような大きさの船で

高校生の頃、国体に2度出場しました。

ちなみに国体で使われているのはセーリングスピリッツ級と呼ばれるものです。

速度は風次第でめちゃくちゃ出ます。

 

IMG_0821_R

ヘリーハンセンは日本セーリング界でも有名なブランド。大きな出店が出ていました。

 

ここからはおまけです。

その昔、中学生の頃一度ヨットの専門誌に出たことがあります。

記念に残してたものが家にありました。幼い、、!

IMG_0336_R

IMG_0333_R

2005年って。。

11年前かよ、、恐ろしい。

 

続く。

 

designed by

Atsumi Arai

supported by

PROTY

THREE-M

BONX

 

 

ピックアップ記事

  1. BURTON QUALIFIERSに出場してきた
  2. ノルウェースノーボードシーンの”リアル”はどこにある?
  3. スノーボードの祭典でもドレスコードはスーツでした。
  4. いつの間にかスキー場を動かしていた話
  5. スノーボードへの向き合い方を変えた一言

関連記事

  1. LIFE STYLE

    一歩を踏み出さないなら何のために生きている?

    1年経った。完全に何も知らない土地に1人で来て1年経った(生き…

  2. LIFE STYLE

    ノルウェーではsoccerではなくfootball。

    EURO2016という大会をフランスでやっているのをご存知ですか?…

  3. SNOWBOARD

    ノルウェーならスノーボードと仕事を1日で両立出来る

    日曜日にVaringskollenというオスロから電車で40分のスキー…

  4. ノルウェー

    北欧ノルウェーでのガソリンの入れ方と相場

    この前ロードトリップをしてやっと分かったノルウェーのガソリン事情。…

  5. LIFE STYLE

    人は自信がないと発信なんてしたくなくなる

    ここ1ヶ月全く自分のことを発信しなくなった。なんで発信したくないん…

  6. LIFE STYLE

    トランプに決まったアメリカ大統領選の影響をノルウェーでも感じる

    アメリカの大統領選挙でまさかのトランプが勝利し、ヒラリーが負けたわけで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. LIFE STYLE

    スケートのランプで映画を見ました。
  2. SNOWBOARD

    スノーボードで大事なのは「誰と」滑るか
  3. ノルウェー

    Stranda fjordに行ってきました(ざっくり時系列)
  4. LIFE STYLE

    HAUGENSTUA skatepark
  5. SURF

    写真で振り返るここ最近のサーフィン
PAGE TOP