スノーボード

真夏のオスロの中心でスノーボードしてみた。

こっちにきて摂取カロリーよりも運動量の方が多くて最近痩せてきている気がします。

真夏のオスロの中心でスノーボード(の恰好で誰か探)してみました。

IMG_1050_R

昼の12時半、気温25℃、快晴。

行ってきます。

(最近雪のないところでばっかスノーボード持ってる気がする)

IMG_1051_R

こんなにいい天気は本当に久しぶりです。

絶好のスノーボード日和です。

 

スポットに向かって歩いていると、何やら街がものすごく盛り上がっている!!

歩行者天国になってパレードが開催されている。

え、今日普通の土曜日じゃなかったの・・・。

というのも、この日はOsloでLGBTの大きいイベントがありまして、

その一つのコンテンツのようです。

日本よりもやっぱりはるかに認知度と注目度が高いですね。

IMG_1055_R

っていうのは今回書きたいこととは全然関係なくて、

つまり、スノーボードの恰好した俺にはめちゃくちゃアウェイな街の雰囲気だったのです。

この時点でまあまあメンタルを試されましたが、

「俺のことなんて誰も気にしてねえわ」っていうことにして続行。

IMG_1069_R

IMG_3114_R

それにしても綺麗な街並みだぜ。。。。

 

やるなら中途半端な恰好はしない。

ということで準備はばっちりです。

IMG_3115_R

 

突然ですが、ここで今回のルールを説明します。

IMG_3116_R

今回は、

2時間30分で何人の人と握手が出来るか!?

というルール設定にしました。

目的はサマースノーボーディングするような奴らの連絡先をゲットして車に乗せてもらうことなんですけど、

紙に「仲良くなろうぜ!」って書いてもなんかハードル高いだろうなとおもったので、

「もし、あなたがスノーボード好きなら握手しましょう!!」にしてみました。

これなら(握手だけなら。。)って近づいてきた人たちを俺のクソみたいなノルウェー語で引き込める。

という作戦です。

(そもそもそんなスノーボーダー土曜日だったら山いってるんじゃねえの)

とか思いましたが、まあ1パーセントでも可能性があればやってみる価値はあります。

多分今まで誰もオスロでこんなことやったことないので、一体どうなるのか全く予測つきませんが、

ひとまず時の流れとノルウェーの人たちの流れに身をまかせてみましょう。

 

 

スタートから1分が経過。

 

いきなり「お前なんでスノーボード持ってんの?ここただの道だよ?笑」ってお兄さんに話しかけられました。

(うわ、いきなり絡まれた、どうしよ)

とか思ってたら、

お兄さん「俺、ちょースノーボード好きなんだよね。夏でもたまに滑りに行っちゃうから!」

いきなり釣れました。

たったの1分で。

今のところ行く予定はないらしいけど、いきなり手がかりをゲット。

IMG_1059_R

 

いきなりスタート良すぎてこっから誰も絡んでくれなかったら、

めっちゃへこむなーと思ってたんですけど、

 

こんな感じの

IMG_3117_R

IMG_1079

IMG_1078

IMG_3119_R

 

こんな感じで、見事な場違い感。

ノルウェーの人ってシャイだとか、知らない人にあんま話しかけないとか事前に聞いてたんですけど、

 

結構みんな笑顔向けてくれるし、文字も読んでくれるし、苦笑いもしてくれるしリアクションがある。

始まって30分くらいたった時には逆に視線が気持ちよくなってました。

自撮りも決め込んじゃったりして♡

IMG_1070_R

 

そして驚いたのが、全然スノーボード関係ない人も興味持って話しかけてくる。

日本で15年働いてたらしい阪神タイガースの帽子被ったノルウェーおじさんにコテコテの関西弁で話しかけられたり、浮浪者に「そこ俺のテリトリーだからどきな!」って言われて、いやここは僕が先に来たんでどきません!となぜか場所争いをしてみたり、日本のアニメ好きに日本語の練習台にさせられたり、「こんなに暑いのに君クールだね」ってなぜか小銭渡されたり。。

 

彼はイギリスのブロガーらしい。

ブログに載せていい?って言われて友達になりました笑

 

IMG_1065_R

 

隣でめっちゃイケてるヒッピーが居て、同じ路上仲間同士なぜか意気投合。

FOR THE TIME MACHINE TO GET BACK TO WOODSTOCK69.

1人で異空間を作ってました。かっこよすぎです。

IMG_3121_R

 

本当はもっといろんな人と話したり、握手したりしたんですけど自撮りする余裕ないくらい話すのに意識いってしまってて写真はこんなもんです。

 

1つ感じたのが、ウィンタースポーツが文化的に根付いてる国だからかは分かりませんが、

この恰好してて興味を持ってくれる人が多いです。ビックリしました。

推測ですが、やっぱりスノーボードとかスキーが文化的に根付いてるから人々の潜在的な意識の中にスキーとかスノーボードがあるんです。だから僕の姿を見た時に、違和感を覚えてスノーボードが好きであろうがなかろうが反射的に興味を持ってしまうのではないでしょうか。

 


ここで本題の結果発表です。

握手出来た人数:20人以上(数え切れなかった)

話せた人数:15人くらい(スノーボーダー半分くらい)

連絡先をゲットした人数:6人(スノーボーダー3人)

絡んできた浮浪者:3人

 

でした。


 

完全に予想以上の結果でした。始まる前は握手の目標5人でしたから・・・。

勝因を上げるとすれば、「真夏にスノーボードの恰好はアドバンテージでしかない」ということですね。

そういや学生団体shuffleを作った時もこのやり方をやってたのを思い出しました。

真夏にスノーボードの恰好する仕事の依頼がある方は僕にお問い合わせください。笑

 

真夏のオスロの中心でスノーボードの恰好して握手を求めると・・・・・・

20人以上と握手出来る。

IMG_1073

 

続く。

 

 

designed by

Atsumi Arai

supported by

PROTY

THREE-M

BONX

 

 

 

 

 

 

ピックアップ記事

  1. SUPERVENTION2が教えてくれること
  2. ノルウェー流!!アーバンスノーボードのすすめ【ライフスタイル】
  3. ノルウェースノーボードシーンの”リアル”はどこにある?
  4. いつの間にかスキー場を動かしていた話
  5. 現金は要らない?北欧のキャッシュレス化がすごい

関連記事

  1. スノーボード

    ノルウェーのオスロを舞台にしたVideo blogがスタート!!

    ノルウェーのオスロを舞台にしたVideo blogがスタートしました。…

  2. ノルウェー

    25歳の誕生日を迎えて。

    今日、9月27日は僕の25歳の誕生日です。たくさんの人が直接メ…

  3. ノルウェー

    Lorenskog skate parkでスケートした

    日曜日は、スケート友達のTimmとちょっと離れたパークに行ってきました…

  4. スノーボード

    レジェンド達が集うHemsedal Bang Slalomに参加してきた。

    2017年5月6日にノルウェーのHemsedalで開催されたバンクドス…

  5. スノーボード

    ノルウェーと日本を舞台にしたmochifilmについて

    ノルウェーから更新しているたかひろです。実は少し前に動画は上げ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP