ノルウェー

日本にない制度”pant”ってなんだ?

ここ最近は、ひたすら仕事に精を出しています。6月使った分をなんとか埋め合わせして、来る8月の滑走計画に向けてまずは資金面を整えます。

 

今日は日本にはない”pant”について書きたいと思います。

IMG_1519

日本で缶のジュースやペットボトルの飲料を買うと、その内訳は「飲料代+消費税」ですよね。

それがノルウェーなどの北欧では「飲料代+消費税+pant」になります。

このpantというのが缶やペットボトルのリサイクルを促そうという意図でプラスされるデポジット料金なんです。

IMG_1434

IMG_1435

 

大体、購入時に一缶のつき1クローネ(13円)が加算され、後日空容器を最寄りのスーパーに持っていくと現金に換えてくれたり、買い物の料金から引いてくれます。持って行かずにゴミ箱に捨ててしまうと少し損する仕組みです。

上記の写真の商品だったら6本入ってるので、一旦100円くらい余分に払います。

IMG_1520

こんな感じでレシートで出てくるんですねー。これを持っておいて次回の買い物の時に出します。

 

で、スーパーで換金するときに1点注意点がありまして・・・・・

それは、ペットボトルはラベルを剥がすと換金できないという点です。

日本人の感覚で、「ラベルを剥がして分別した方がエコだし手間もかからないだろう」と思いご丁寧に剥がして持って行ったわけですが機械が読み込んでくれず無効になりました。

どうやらラベルのバーコード的なものを読み込んで換金するのでそのラベルが剥がれていると不正容器扱いで認められないみたいです。80円くらい損したぞ・・・。

 

そして、

この缶の換金制度はリサイクル向上だけではなく、貧しい人がお小遣いを稼ぐ方法を生み出しました。

オスロでは本当に空き缶集めをしてる人が多い!日本でもたまに見かけますがそれの比じゃないです。なにせ一缶ゲットすれば即お金に換えられるわけですから。まあ僕でも外出先で缶のごみが出るとさすがにスーパーまで持っていこうとは思わないので近くのゴミ箱に捨てます。なので本気を出せば結構稼げると思います。

 

仕事先のゴミ箱がたまにお金に見える時があります。もちろん持って帰りませんが笑

 

続く。

 

designed by

AVII IMAGEWORKS←HPが新しくなりました。

Atsumi Arai

supported by

PROTY

THREE-M←HPが新しくなりました。

BONX

ピックアップ記事

  1. スノーボードの祭典でもドレスコードはスーツでした。
  2. Hammer Banger Session2018に行ってきました
  3. BURTON QUALIFIERSに出場してきた
  4. 現金は要らない?北欧のキャッシュレス化がすごい
  5. ノルウェースノーボードシーンの”リアル”はどこにある?

関連記事

  1. LIFE STYLE

    LGBT先進国ノルウェーのお祭りOSLO PRIDE2016に参加してきた

    ちょっとタイムラグがあるんですが、先週は、性的少数者の啓蒙イベントがあ…

  2. LIFE STYLE

    【小ネタ】スウェーデンGoteborgに行ってきた②

    前回の記事では晩御飯については書かなかったので改めて。晩御飯を食べ…

  3. LIFE STYLE

    オスロの日曜日の午前中。

    仕事が昼からなので、出来るだけ朝の時間を有効活用したい生活リズムで過ご…

  4. LIFE STYLE

    出発してから1ヵ月

    5月の最終週の金曜日に日本を出て、4回目の金曜日が来ました。曜…

  5. LIFE STYLE

    Lorenskog skate parkでスケートした

    日曜日は、スケート友達のTimmとちょっと離れたパークに行ってきました…

  6. ノルウェー

    大事なのはコスパ

    やっぱり日本食が一番!なんて僕が今さら言うことではないのですが、や…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ノルウェー

    Firstday of summer(6/1)
  2. SNOWBOARD

    【マニアな話】突然だがUlrik Badertscherの話をしよう
  3. LIFE STYLE

    Lorenskog skate parkでスケートした
  4. LIFE STYLE

    ようやく落ち着きました。
  5. SNOWBOARD

    ノルウェーOslo vinter parkがついにOPEN【オスロから最も近い】…
PAGE TOP