ノルウェー

現金は要らない?北欧のキャッシュレス化がすごい

以前こんな記事を見かけました。

キャッシュレス化の急先鋒 北欧では「現金」消失議論まで

その時は「そうなんだ。」くらいの感想しかなかったんですが、ノルウェーに住んで4ヵ月このキャッシュレスという点でいろいろ感じることが出てきたので今回は「ノルウェーのキャッシュレス事情」をご紹介。

スマホのアプリで手軽に送金できる

スマートフォンのアプリを使って、しかも面倒なログインなしのワンタッチで口座間の現金移動ができるんです。

しかも、手数料なしで!!

あたかも使ってますよ感だしましたが、今日インストールしました。笑

ノルウェーで一番信用の高いDNB銀行が提供しているVippsというアプリです。

今朝撮ったスクリーンショットをちょっとお見せしますね。

screenshot_2016-09-29-09-33-15

screenshot_2016-09-29-09-33-03

screenshot_2016-09-29-09-33-22

要するに、電話番号1つで簡単に支払いも振り込みも安全にできますよ!ってことです。

(どうせこういうの審査とか登録めんどくさいんだろう・・・・。)

って思ってやってみたんですが、ものの5分以内に終わりました。

これで口座とスマホが繋がっちゃうので、ある意味恐ろしい。

自分のマイページがこんな感じで・・
screenshot_2016-09-29-09-46-37

このsend moneyを押すと「このアプリを導入している電話番号」に送金することができます。

いやマジで電話番号だけでいいんです。

日本みたいに振り込み手数料取られることも何にもないわけですよ。

驚くべきは現金一切出さずに割り勘を正確にできちゃう。

よく居酒屋である「ちょ、小銭割り切れないから今度で!!」みたいなことは完全になくなります。

ノルウェー人的には、「え?別に普通ですけどなにか?」らしいので軽いカルチャーショックでした。

これはセーフティーなのかどうか

電話番号1つで口座とスマホを繋げてしまうこのアプリ、セーフティーなのか?

結論からいうと「気にならない」これにつきます。

海外からの移住者だから分かるんですけど、そもそもこのアプリをスマホに導入してまともに使えるようになるまでが簡単じゃないんですよ。

このアプリを導入するには
・電話番号
・ノルウェーに住んでいることを示す11桁のナンバー
・銀行口座
・デビットカードまたはクレジットカード

の4つが必要なんですよね。

これら4つをそろえようと思ったらノルウェー政府に認められて、仕事も見つけて、携帯代支払う能力があって・・・ある程度社会的に信用がある状態に持って行かないと無理。

つまり電話番号1つで登録できるといってもそれまでの壁が分厚いんです。

そしてスマホでの支払いがセーフティーかどうかなんて議論してもクレジットカードも怪しいところですし現金だって同じです。

そもそも現金そのもの自体に価値があるわけではなくて、周知の信用が価値をただ決めているだけ。
それがスマホの画面の数字でもそこに全員の信用があればそれで通貨です。

仮に今ノルウェーで、すべての現金の価値がゼロになってカードとこのアプリの画面上のお金だけになっても普通に生活できると思います。

困るのはカードや銀行口座を作ることができない社会的に信用のない人間だけですから。

現金(キャッシュ)はなくなる

北欧に絞れば現金マジでなくなっちゃうんじゃないかと思います。

現金がなくなるメリットの1つとして犯罪の抑止力になることもあげられます。

以前読んだ記事では犯罪に使われるお金のほとんどが現金らしく、キャッシュレス化が進むスウェーデンでは犯罪が減ったらしい。

それだけじゃなくて不法入国民もこれで生活できなくなります。
だって銀行口座もカードも信用がないと作れないし現金なくなったら生活できない!

物乞いの人に渡す小銭さえ持ち歩いてない。

これ物乞い業界からすると壊滅的損害です。

でも日本は現金好きだしなくならないと思います。
なくなったらお賽銭投げれないしちょっとおもしろくなくなりますよねー。
カードでお賽銭支払うのはなんか違うし。

歴史的に紙幣とかコインが馴染んでしまってると思います。

さいごのまとめ

現金に信用があるんじゃなくて、信用ある人しかお金を持てない時代がくる。

ノルウェーみてるとそう感じますね。

続く。

 


designed by

AVII IMAGEWORKS←HPが新しくなりました。

Atsumi Arai

supported by

PROTY

THREE-M←HPが新しくなりました。

BONX

ピックアップ記事

  1. ノルウェー流!!アーバンスノーボードのすすめ【ライフスタイル】
  2. Hammer Banger Session2018に行ってきました
  3. 現金は要らない?北欧のキャッシュレス化がすごい
  4. ノルウェースノーボードシーンの”リアル”はどこにある?
  5. SUPERVENTION2が教えてくれること

関連記事

  1. ノルウェー

    海外(ノルウェー)の美容室で”おまかせ”をオーダーしてみた。

    15分カットのcuttersというお店がオープニングイベントで無料カッ…

  2. ノルウェー

    オスロマラソン2016に出場してきた。

    9月17日オスロマラソン2016に参加してきました。日頃からラ…

  3. ノルウェー

    アツさは言語の壁を越える

    今日はビールを2本飲みたい気分でした。ちなみにこっちでビールは…

  4. ノルウェー

    量販店でもノルウェーではアウトドアが充実している。

    早く"キャンプ"がしたい。そんなことで頭が埋め尽くされているこ…

  5. ノルウェー

    ノルウェー流の誕生日の祝い方。

    会ったことも顔も見たことない人の誕生日パーティーに行くことになりました…

  6. ノルウェー

    ノルウェーの冬は寒いから素材が大事

    昨日はBanff movie festival in Osloを楽しん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP