ノルウェー

現金は要らない?北欧のキャッシュレス化がすごい

以前こんな記事を見かけました。

キャッシュレス化の急先鋒 北欧では「現金」消失議論まで

その時は「そうなんだ。」くらいの感想しかなかったんですが、ノルウェーに住んで4ヵ月このキャッシュレスという点でいろいろ感じることが出てきたので今回は「ノルウェーのキャッシュレス事情」をご紹介。

スマホのアプリで手軽に送金できる

スマートフォンのアプリを使って、しかも面倒なログインなしのワンタッチで口座間の現金移動ができるんです。

しかも、手数料なしで!!

あたかも使ってますよ感だしましたが、今日インストールしました。笑

ノルウェーで一番信用の高いDNB銀行が提供しているVippsというアプリです。

今朝撮ったスクリーンショットをちょっとお見せしますね。

screenshot_2016-09-29-09-33-15

screenshot_2016-09-29-09-33-03

screenshot_2016-09-29-09-33-22

要するに、電話番号1つで簡単に支払いも振り込みも安全にできますよ!ってことです。

(どうせこういうの審査とか登録めんどくさいんだろう・・・・。)

って思ってやってみたんですが、ものの5分以内に終わりました。

これで口座とスマホが繋がっちゃうので、ある意味恐ろしい。

自分のマイページがこんな感じで・・
screenshot_2016-09-29-09-46-37

このsend moneyを押すと「このアプリを導入している電話番号」に送金することができます。

いやマジで電話番号だけでいいんです。

日本みたいに振り込み手数料取られることも何にもないわけですよ。

驚くべきは現金一切出さずに割り勘を正確にできちゃう。

よく居酒屋である「ちょ、小銭割り切れないから今度で!!」みたいなことは完全になくなります。

ノルウェー人的には、「え?別に普通ですけどなにか?」らしいので軽いカルチャーショックでした。

これはセーフティーなのかどうか

電話番号1つで口座とスマホを繋げてしまうこのアプリ、セーフティーなのか?

結論からいうと「気にならない」これにつきます。

海外からの移住者だから分かるんですけど、そもそもこのアプリをスマホに導入してまともに使えるようになるまでが簡単じゃないんですよ。

このアプリを導入するには
・電話番号
・ノルウェーに住んでいることを示す11桁のナンバー
・銀行口座
・デビットカードまたはクレジットカード

の4つが必要なんですよね。

これら4つをそろえようと思ったらノルウェー政府に認められて、仕事も見つけて、携帯代支払う能力があって・・・ある程度社会的に信用がある状態に持って行かないと無理。

つまり電話番号1つで登録できるといってもそれまでの壁が分厚いんです。

そしてスマホでの支払いがセーフティーかどうかなんて議論してもクレジットカードも怪しいところですし現金だって同じです。

そもそも現金そのもの自体に価値があるわけではなくて、周知の信用が価値をただ決めているだけ。
それがスマホの画面の数字でもそこに全員の信用があればそれで通貨です。

仮に今ノルウェーで、すべての現金の価値がゼロになってカードとこのアプリの画面上のお金だけになっても普通に生活できると思います。

困るのはカードや銀行口座を作ることができない社会的に信用のない人間だけですから。

現金(キャッシュ)はなくなる

北欧に絞れば現金マジでなくなっちゃうんじゃないかと思います。

現金がなくなるメリットの1つとして犯罪の抑止力になることもあげられます。

以前読んだ記事では犯罪に使われるお金のほとんどが現金らしく、キャッシュレス化が進むスウェーデンでは犯罪が減ったらしい。

それだけじゃなくて不法入国民もこれで生活できなくなります。
だって銀行口座もカードも信用がないと作れないし現金なくなったら生活できない!

物乞いの人に渡す小銭さえ持ち歩いてない。

これ物乞い業界からすると壊滅的損害です。

でも日本は現金好きだしなくならないと思います。
なくなったらお賽銭投げれないしちょっとおもしろくなくなりますよねー。
カードでお賽銭支払うのはなんか違うし。

歴史的に紙幣とかコインが馴染んでしまってると思います。

さいごのまとめ

現金に信用があるんじゃなくて、信用ある人しかお金を持てない時代がくる。

ノルウェーみてるとそう感じますね。

続く。

 


designed by

AVII IMAGEWORKS←HPが新しくなりました。

Atsumi Arai

supported by

PROTY

THREE-M←HPが新しくなりました。

BONX

ピックアップ記事

  1. 現金は要らない?北欧のキャッシュレス化がすごい
  2. SUPERVENTION2が教えてくれること
  3. ノルウェースノーボードシーンの”リアル”はどこにある?
  4. スノーボードの祭典でもドレスコードはスーツでした。
  5. いつの間にかスキー場を動かしていた話

関連記事

  1. ノルウェー

    走ることから見出したもの。

    ここ数か月スノーボードよりもどっちかというと走ってます。このブログを見…

  2. ノルウェー

    【年末年始ハイライト】あけましておめでとうございます。

    どうもたかひろです!あけましておめでとうございます。本年もよろしく…

  3. ノルウェー

    チャリできた。

    チャリできた。チャリでビーチまで来ました。…

  4. ノルウェー

    Stranda fjordに行ってきました(ざっくり時系列)

    長らく更新しておらず申し訳ございません!PCをさすがに持っていくことが…

  5. ノルウェー

    ワーホリのビザに業者は要らない

    これ見てください。久しぶりになんだかエナジードリンクを…

  6. スノーボード

    SUPERVENTION2が教えてくれること

    今ノルウェーで話題のSUPERVENTION2という映画を見てきました…

コメント

    • しゅーじ
    • 2016年 9月 29日

    良くかけている記事で,ちょっと調べてみたくなった。
    現金の持ち歩きによる犯罪減少,利便性の向上という面では有益なシステムだと思う。
    しかし,キャッシュレスへ完全に移行してしまうと,記事にも出てきた「社会的に信用のない人々」の生活はどうなるのだろうか。
    これに関する議論は出ているの?
    あと,このアプリは送金のログは残るの?

      • 西居崇博
      • 2016年 9月 30日

      ありがとう!しゅーじに褒められるとうれしい!!
      多分そこは課題に挙がってると思う。ちゃんとした手続きを踏んでる人は社会的に認められてるけど、そうじゃない人はやっぱり物乞いみたいになってる。軽くノルウェーの移民についても調べてみたけど、同じ北欧スウェーデンは受け入れまくって大失敗してるみたいでそれを反面教師に慎重にやってるっぽい。実際俺の場合も踏まえると、こっちで政府で認められるまでに2~3ヵ月時間がかかったわ。かなり慎重に精査してそう、そうか単純に仕事が遅いか笑
      このアプリまだ使ったことないから分からんねんけど残るんじゃないかな。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP