LIFE STYLE

ノルウェーの冬は寒いから素材が大事

昨日はBanff movie festival in Osloを楽しんできました。その様子は次の記事でレポートします。

日本の山々で初冠雪したなんていう情報を耳にしましたが、Osloも結構冬っぽくなってきました。

oslo

これ最高気温なんで夜とかは1度くらいまで下がります。ちなみに去年は10月に氷点下まで普通にいってたみたい。

まあこんな予報を見ると僕的にはテンションあげあげなわけですよ。

無意味にショップめぐりなんかしてみてちょっと冬の訪れを感じています。

ようやく10月も2週目に入ってお店のラインナップが冬仕様になってきました。

ウエア
img_4003_r

ボード
img_2643_r

3日連続でこのお店に行ってたんですが、この陳列に3日くらいかかってます。生産性悪すぎだろ笑

旧モデルバイン
img_2609_r

そして量販店含めいろいろ回っていると、日本との違いに気付きました。

 

素材にこだわるノルウェー人

 

とある量販店に冬用のインナーコーナーがありました。

img_2634_r

img_2637_r

ノルウェー産の有名なアウトドアブランドのインナーが並んでいます。

これをアップにすると・・・

img_2635_r

分かります?

一番主張してるのが

ウールです!!

ってことなんです。

「ウールを売ーる」

wool

日本の冬インナーの代表だと例えばヒートテック。

さっきいろいろ調べてみたんですがヒートテックはおもっきり化学繊維。
レーヨンが3割含まれていて、汗をかくと乾きにくいのでめっちゃ寒いところで発汗する場合は向かないらしい。

ウールは吸湿性に優れているのでマジで寒いけど汗かくときはウールが調子良い。だからアウトドア愛好家はヒートテック使わない。

ちなみにヒートテックをノルウェー人に見せたら、「ウールじゃねえの?くそやん」ってバッサリ切られました苦笑

さっきの写真のインナー全てウールなのでノルウェー人の素材への意識がうかがえます。

日本で俺素材とか一回も気にしたことなかったような。
ウールのインナーってめっちゃ高そうなんですけど、
だいたいウールのインナーでも3000円~5000円なんで思ったよりは安い。

でもまだ-10℃とか体験してないので俺はまだ舐めてます。

(まだいける)

この寒さはあかんってなったらウールのインナーを買いに行きたいと思います。

続く。


designed by

AVII IMAGEWORKS←HPが新しくなりました。

Atsumi Arai

supported by

PROTY

THREE-M←HPが新しくなりました。

BONX

ピックアップ記事

  1. スノーボードへの向き合い方を変えた一言
  2. 【レビュー】BONX Gripを買うか迷ったら見て欲しい!!
  3. いつの間にかスキー場を動かしていた話
  4. SUPERVENTION2が教えてくれること
  5. スノーボードの祭典でもドレスコードはスーツでした。

関連記事

  1. ノルウェー

    Firstday of summer(6/1)

    ノルウェーでは6月1日を夏の始まりとしているらしいです。ちなみ…

  2. ノルウェー

    ノルウェーでスケートはじめました

    昨日、家の近くにディープなスケートスポットを発見し、スケート欲を掻き立…

  3. ノルウェー

    ノルウェーで生きてゆく。

    ノルウェーで生きてゆく。タイトル通り、ノルウェーローカルになり…

  4. ノルウェー

    大事なのはコスパ

    やっぱり日本食が一番!なんて僕が今さら言うことではないのですが、や…

  5. SNOWBOARD

    いつの間にかスキー場を動かしていた話

    16-17シーズンの初滑りを10月19日にしました!インスタにもF…

  6. LIFE STYLE

    オスロで日本食(うどん)が食べれるイベントに行ってきた

    先週の日曜日、近所で日本食(うどん)を食べられるイベントがありました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. SNOWBOARD

    ノルウェーのスノーボードシーンが3日で理解できる大会に参加してきた。
  2. SNOWBOARD

    写真で振り返る2月の滑走記録
  3. ノルウェー

    現金は要らない?北欧のキャッシュレス化がすごい
  4. LIFE STYLE

    スウェーデンGoteborgに行ってきた④
  5. LIFE STYLE

    オスロの日曜日の午前中。
PAGE TOP