スノーボード

オスロから若干離れた小さなスキー場の大会に出てきた。

Ringkollenというスキー場であったSpring melt downというイベントに先週末に出場してきました。
キャプチャ

Ringkollenスキー場はオスロから60kmくらい離れた場所にあり、

とにかく行くのがめんどくさい場所です。

公共交通機関ではスキー場まで到達できず車でしか行けません。

ということはまず恒例の乗せてくれる人探しからスタートするわけですが、
Ringkollenスキー場のボスが俺のためにオスロから行く人を紹介してくれてすんなり解決しました。

このスキー場のボスとは先日のKvitfjellのチームバトルで知り合いまして、
わざわざ日本からノルウェーに滑りに来てるおもしろいやつということで、

大会エントリー費とリフト券代を無料にしてもらいました。え、招待選手てきな?笑

僕はものすごく気楽な気分で大会に行ったんですが、到着して「やべえぞ」となるまで時間はかかりませんでした。

IMG_1058_R

IMG_1064_R

おおーー(汗)

スキー場は小さいけどもアイテムはなかなかのいかつさです。
ちなみにキッカーはまあまあ大きくてステップダウンで体感的には16m以上余裕で飛ぶ感じでした。

極めつけの特設アイテムが屋根からレールを通してて、「え?これこするの」という感じでした。

ちなみにスキー場の全体像はこんな感じです。
IMG_1065_R

チェアリフトはなく、Jバーのみ。(ノルウェーではよくある)
IMG_1059_R

スノーボーダーが2人だけ!?

なんと蓋を開けてみるとスノーボーダー2人、フリースキーヤー20人くらいの大会になりました。
理由としては2つ。
①アクセスのしにくさでオスロ近郊のスノーボーダーがほぼ来なかった。
②スノーボードがマイノリティ
ですね。
日本とは逆です。フリースキーヤーの方が多いです。
オスロだけスノーボーダーが結構いるみたいな感じで地方に行くとさらにスキーが圧倒的です。
IMG_1066_R

とはいえ、どんな状況でも自分のベストを尽くすのが俺のポリシーなので頑張りました。

大会は3つのエリアに分かれます。

①屋根からのレールセッション
②ゲレンデのレールセッション
③ビッグキッカー込のゲレンデ下部のレールセッション

ジャッジングは参加者+ギャラリーに紙が配られ、
Best Line
Best Trick
Best all
に良かったライダーの名前を書きます。
あとはBest inpressiveとしてRingkollenのボスの特別賞もありました。

大会の様子を写真で振り返る

何が一番緊張したかというと初っ端のレールセッションです。
屋根からレールが通してあるんですけどやっぱ威圧感がある。
IMG_1060_R

アプローチがめっちゃ難しい。
IMG_1062_R

5回くらいトライしましたがスノーボードではスピードが充分得ることが難しく抜ききることはできませんでした。
まあとりあえず怪我がなくてよかった笑

ここから集中しすぎてあんまり写真撮れてないんです。

大会自体はラインで評価すると言っていたので、
②のレールセクションでは
ドンキレールからの3アウト→フロントサイドのミラーフリップ→フロントテール27アウト
ドンキレールからのフリップアウト→ミラーフリップ540→スイッチ50からの3アウト
など自分的にはかなり攻められたかなという出来でした。

それ以上にフリースキーヤーがヤバすぎてなんか霞んじゃってた気もしますが・・・苦笑

③のラインではビッグキッカーが気温が上がりすぎて届かなくなってたので
レールセクションを攻めることに。
ロングキャノンレールからのバックフリップアウトやロデオアウトにトライしましたがメイク出来たのはフリップアウトのみ。
あとはダウンナローボックスに6mキッカーくらいの距離飛んでトゥイークtoバックボードで合わせてみたりいろいろ試しました。
デカいキッカーでもとりあえず特大のバックフリップだけは決めておきました。

とりあえずもう縦回転くらいしか選択肢がなかったですが自分をプッシュできたかなと。

ちなみにフリースキーヤーたちが何をしていたかというと・・・・
キャノンレールからの900アウト、ロデオ7アウト。
キッカーでダブルコーク1260(!?)
ダウンナローボックスにバックフリップイン(!?!?)
などのトリックが咲き乱れていました。ハンパネーーー

↓フリースキーヤーマガジンで大会の様子がまとめられています。スノーボーダーですけどワンカットだけ入れてもらってます。

個人的にはプッシュ出来たと思う

個人的には一日通してプッシュ出来たなあと思っていると、まさかの賞をもらいました!

Best impressive賞に選んでもらいました!!
唯一の日本人っていうことでちょっとアドバンテージはありました。
でも自分的にはもらうに値した滑りをしていたと思うので素直に喜んでいます。

IMG_3877_R

このタテめちゃくちゃかっこいい!
この山で採れた水晶と木を加工して作ったものらしくかなり価値のあるものです。

プライズも自然由来の物を加工して作るのがノルウェーっぽい。

見かけたノルウェーっぽい様子

ホームメイド感満載のゲレ食。
IMG_1056_R

キッズの賞はフルーツ詰め合わせ

IMG_1069_R

なぞの色をしたお菓子
IMG_1068_R

すごくノルウェーっぽいよねえー笑

——————————————-
ブログランキング参加中。現在15位。

スノーボードランキング

ピックアップ記事

  1. スノーボードの祭典でもドレスコードはスーツでした。
  2. 【レビュー】BONX Gripを買うか迷ったら見て欲しい!!
  3. SUPERVENTION2が教えてくれること
  4. ついにノルウェーは本格シーズンイン!!
  5. Hammer Banger Session2018に行ってきました

関連記事

  1. スノーボード

    簡易ワックス台を100均にあるもので作ってみた。

    あけましておめでとうございます。年末年始はバタバタしまくって(…

  2. スノーボード

    怪我からの復帰は身体的な部分よりもメンタル。

    先週の金曜日久しぶりにスノーヴァ溝口に行きましたー。肩を2月中…

  3. スノーボード

    心の状態が滑りを変えてしまう。

    どうもノルウェーからたかひろです。変わらずほとんど毎日を滑るこ…

  4. スノーボード

    レジェンド達が集うHemsedal Bang Slalomに参加してきた。

    2017年5月6日にノルウェーのHemsedalで開催されたバンクドス…

  5. スノーボード

    Osloのシーズンはまだ終わらない。

    今年のノルウェーは記録的暖冬と少雪で過去60年でワーストだと言われまし…

  6. スノーボード

    ノルウェーくらいウィンタースポーツが身近にあってほしい

    昨晩また予期せぬ15cmくらいの雪がオスロに降りました。そして…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP