SNOWBOARD

スキー博物館のクオリティの高さと伝わってきたもの

スキー博物館と聞いてまず何を思い浮かべるだろう・・・

スキーの歴史とか道具とかなんだか古臭そうでつまらなさそうなイメージが先行しませんか?
僕の頭の中では「絶対につまらない!」という予想でした。

行ってみると遥かに期待と予想を上回るクオリティだったので紹介したい!
やっぱりノルウェーおもしれええってなります。

スキージャンプの聖地Holmenkollen

スキージャンプとノルディック複合のワールドカップが毎年開催されているHolmenkollen。
オスロの中心から電車で25分くらいとかなり近いところにありますが、ジャンプの迫力とクオリティは世界でも指折りです。
IMG_1452_R
そのジャンプ台の中腹にスキー博物館という名のスキーにまつわる博物館があるのです。

入り口手前にこのジャンプで最長不倒を叩き出した人物が何年にも渡って刻まれています。
そこのWOMENの項目。
IMG_1430_R
さらちゃんすげええええええええええ!

その版を通り過ぎるとスキー博物館があります。
その入り口には・・・
IMG_1432_R
2016年にメダルを取った葛西選手のユニフォームが。
レジェンドすげええええええええええ!!ノルウェーでもレジェンド扱いでした。

そこをとおりすぎると受付があります。

大人1人65NOKを支払っていざ中へ。

スキーとノルウェーにまつわる歴史から始まる

こんな感じで狩猟とスキーの歴史や、ノルウェーの探検家がはじめて北極点に到達した話などちょっと興味がない人からすると眠たいような滑り出しで博物館がスタートします。
IMG_3670_R

このスキー博物館の前に行った公園の彫刻よりかは遥かに興味深かったのでそこそこおもしろかったんです。
でもこの調子でずっと続いてもちょっとつまらないなあー。とか思ってると、、

IMG_1450_R

ノルウェーで雪が確実に降らなくなってきているという気候変動の展示が。
これもまあまあ好きなテーマだったので、「へえノルウェーやるじゃん」と思っていました。

そのまま館内を歩み進めると・・・

お?

IMG_1449_R

ついに現れたフリースタイルの歴史

まさかまさかのフリースタイルの歴史のコーナーが始まりました。
正直フリースタイルのコーナーがあるなんで全く思いませんでした。

だってスキージャンプとノルディックにフリースタイルって合わないしそういうのはなんとなく一緒に展示したり置いたりするのは暗黙のNGだと思ってました。

が、それが一緒になっている。これはおもしろい。
そのクオリティもオマケではないのです。

IMG_1434_R
いきなりハートを鷲掴みにしてくる写真が。
これはStrandaで3年くらい前にサンドベックのお兄さんがヘルガソンを撮った写真。

IMG_1435_R
写真だけみると(?)なんですけど液晶にテリエやストーレやシャレストリといったノルウェーを代表するスノーボーダーとフリースキーヤーが映っています。
これをタッチするとこの人物が動いて、自分にとってのフリースタイルを熱く3分くらい語ってくれます。
このストーレとテリエがまた良いこと言うんですよ。笑

IMG_1442_R
スノーボードの歴史がジェイクバートン以前から事細かに紹介されています。
IMG_1440_R

はじめてダブルコークがメイクされた日とかそういうことまで書いてあって個人的に何時間でも入れる重量感。

IMG_1440_R

当時の新聞記事も切り抜きでいろいろ置いてありました。

IMG_1444_R
これはトースタインとアンドレアスウィグのDCチーム時代の記事。

IMG_1443_R
オスロでハイエストエアの歴史を塗り替えたテリエの写真。

などなどここでは紹介出来ないくらいのボリュームでした。
Superventionの映画もスクリーンで流れていて帰るタイミングがない。
これに並行してしっかりフリースキーの歴史もたっぷりあったのでスキーヤー、ボーダー関係なく楽しめます。

ストリートまで言及

スキー博物館と一番対極に位置しているであろう、ストリートスノーボーディングとスキーイングにまで言及していました。
解説としてはフリースタイルは競技というよりアートだみたいな書き出しでした」。

IMG_1441_R
ストリートをスキー博物館に入れてしまえるノルウェーの懐の深さが好きです。

感想

スキー博物館にフリースタイルな部分も全部ぶっこむ懐の深さが好きだ!!!

フリースタイルブースに到着するまでにクロスカントリーやジャンプとかアルペンの歴史を見せまくっといてストリートスノーボードで落としてくる落差!!

同じウィンタースポーツだぜ!!!楽しもうぜ!!!!自由にやろうぜ!!!ってのが博物館からガンガン伝わってきました。

日本のウィンターシーンも垣根なく頭柔らかくして楽しもうぜ。

おまけ

テリエがはじめて使ったスノーボード。
IMG_1447_R

IMG_1448_R

ピックアップ記事

  1. 現金は要らない?北欧のキャッシュレス化がすごい
  2. スノーボードへの向き合い方を変えた一言
  3. Hammer Banger Session2018に行ってきました
  4. BURTON QUALIFIERSに出場してきた
  5. ノルウェーならスノーボードと仕事を1日で両立出来る

関連記事

  1. SNOWBOARD

    真夏にオスロの中心街でスノーボード持って立ってみた

    こっちにきて摂取カロリーよりも運動量の方が多くて最近痩せてきている気が…

  2. SNOWBOARD

    オスロならハーフパイプを4月末まで楽しめます。

    季節外れの雪が昨日降りました。4月の末になって雪が降るのはなかなか…

  3. SNOWBOARD

    【シーズン開幕】ノルウェーのGeiloってどこ?

    ノルウェーでは10月1日が冬の始まりとされています!日本よりも一足…

  4. SNOWBOARD

    BURTON QUALIFIERSに出場してきた

    先週末の1月26日(土)の夜はBURTON QUALIFIERSのHA…

  5. SNOWBOARD

    スノーボードの祭典でもドレスコードはスーツでした。

    ノルウェー、スノーボード、アフターパーティー。これらの単語から僕は…

  6. SNOWBOARD

    怪我からの復帰は身体的な部分よりもメンタル。

    先週の金曜日久しぶりにスノーヴァ溝口に行きましたー。肩を2月中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. LIFE STYLE

    君の名は。がノルウェーのオスロでも公開!!
  2. LIFE STYLE

    机の上で考えてるだけなのは二流
  3. SKATE

    戸吹プラネットパーク(戸吹スポーツ公園)は最高のスケートパーク
  4. ノルウェー

    【初】海外トレイルレースに出場しました。その1
  5. LIFE STYLE

    ノルウェーの冬は寒いから素材が大事
PAGE TOP