LIFE STYLE

”当たり前”で片付けてしまうのは危険なこと。

自分が居る世界の”当たり前”を相手に押し付けるのは危険だなと思った話をしたい。

昨日実はとあるスケートショップでスケートを一式買い直した。
スケート一式はノルウェーに置き去りにしてきて、帰ってきてからも揃えるタイミングがなく結局今になった。

昨日そのスケートショップを見つけた時はめちゃくちゃかっこいいショップを見つけたと思ったが、
今日になって、その印象は「まあ機会があればまた行くかも」くらいに落ちてしまった。

なぜそうなったか。

昨日スケートを買ってから俺の気持ちは「とにかくスケートがしてえ」の一色だった。

朝家をでる前に何気なくベアリングをチェックすると、
明らかに後ろのトラックの右側のウィールの調子が悪い。
ベアリングがなのかトラックなのかどっちが悪いか判断つかなかったがとにかく格安ベアリング並に回らない。。

「仕方ない、不良品だからスケートショップに持っていくしか無い」

とりあえず楽しみにしていたスケートは一旦今日は出来ないということで諦めた。
それだけでなんだかガッカリした気分だったが仕方ない、スケート用品に不良品は割りとある。
まあ交換かそれなりの対応をしてくれればいいと思っていた。

そして仕事が終わってその足でスケートショップに2日続けて行った。

「一個ウィールが回らなくて、多分トラックが曲がってるかベアリングが壊れてるとおもうんですけど?」

そう言うとまず第一声でこちらの推測にかなりの疑いをかけてくる。
こちらとしてはスケートは安い買い物ではないし、店を信頼して一式買ってるのに俺のせいみたいに言われてる気がしてやや不快な気分に。

こういう場合はまずは相手の話をよく聞いて「検証してみますね」くらいがいいんじゃないだろうか。

でまあいろいろガチャガチャやってくれてたんだけど、
スケートのベアリングってこんなもんですよとか、不良品混じってるのは普通とか、取り付けが曲がってるだけじゃないかとか(取り付けたのは俺じゃない)いろいろ”スケート界の当たり前”を言われるんだけどハッキリ言うと割りとどうでもいい。

こちらはちゃんとお金を支払って購入したわけで、肝心なのはウィールが他のウィールと同様にスムーズに回るかどうかだ。
不良品を掴まされてそれで納得しろなんていうのはまあまあキツイっていうか有り得ない。
一回も乗ってないスケートなのにすでにウィールの回りが悪いなんて正直信じがたい。
どれくらい回ってないかというとスポーツ量販店の2000円のスケボーくらいの感じ。

今までそんなことなかったというと(スケート歴6年)、運が良かったって返される始末。そんなもんなのか・・??

とまあ結局いろいろやってくれたがウィールの回りも対して良くならなかった。

最終的には

ベアリングの粗悪品の確率は誰々さんのコラムに書いてあるからそれ読んでください。

そんなもんっすよーーーー

で終わった。

閉店時間をやや過ぎていたので、遅くまでありがとうございましたと店を出たがやっぱりなんだかモヤッとした感じは消えない。

なんでこんなに腹立つんだろうと思った。多分それは恐らく、小さなコミュニティの”当たり前”を押し付けられたからだと思う。
彼らにとっては粗悪品が紛れ込むのは当たり前だとしても、俺にとったらそれは当たり前ではない。
だったらこっち側の目線まで落としてちゃんと説明するべきだし、そうしてくれたら多分俺も腑に落ちたと思う。
一応まあまあ長いことスケートもしてるし、スケートがそんなに精密なものじゃないことなんか分かりきってる。

それでもこういう気持ちになるんだから、はじめたばかりの初心者の子とかだったら本当にかわいそうだなあと。

例えばこれがスノーボードだったとして・・・
買ったばかりのスノーボードのソールに傷がちょっと付いてて、実際の滑走には影響ないんだけどなんとなく交換してほしいみたいな要望があったとしよう。
小売店的にはそれで交換してたら損しかしないっていうレベル感の傷だったとしたら・・・。

よくお客さんの話を聞いた上で、輸送時に細かいキズがいくリスク、傷が及ぼす滑走面への影響とかをちゃんと説明した上で、
ベースワックスを塗ってあげてキッチリ滑る状態に仕上げて、非売品のステッカーなんかを付けてあげるくらいのことをする。
そうすれば絶対にイヤな気持ちにはならないと思うし、そういうプラスαの細かさがプロショップの役目なのではないだろうか。

なんだかそういう気遣いみたいなものが今回の一件では欠けていて、カスタマーへのリスペクトが足りないなと思ったなあ。
これだったら量販店であっさり交換してくれたほうがよっぽどスッキリする。

自分はカスタマーサポートの役割も担っているのでかなりいい勉強になりました。

自分が当たり前だと思ってることは相手もそうとは限らないから気をつけたほうがいいな。
でもやっぱウィールの回り悪いのは気になるんだけど??

続く。

ピックアップ記事

  1. 現金は要らない?北欧のキャッシュレス化がすごい
  2. ノルウェースノーボードシーンの”リアル”はどこにある?
  3. ついにノルウェーは本格シーズンイン!!
  4. SUPERVENTION2が教えてくれること
  5. スノーボードの祭典でもドレスコードはスーツでした。

関連記事

  1. LIFE STYLE

    東京でシェアハウスという響きの良さ。

    東京でシェアハウス。この響き・・・・皆さんはまず何を思い浮…

  2. LIFE STYLE

    結局、はたらくをたのしもうってなんだったんだろ。

    毎日同じスキー場で滑っていると「お、あいつ毎日見るな。」となって自然に…

  3. LIFE STYLE

    最近僕が買ったものを紹介する。

    最近いろいろ買い物をした。Dickies874まずはDicki…

  4. LIFE STYLE

    オスロの夏はもう終わったのか?

    一昨日オリンピックのサッカーを見たくて、ネットでライブストリーミングし…

  5. LIFE STYLE

    25歳の誕生日を迎えて。

    今日、9月27日は僕の25歳の誕生日です。たくさんの人が直接メ…

  6. LIFE STYLE

    アツさは言語の壁を越える

    今日はビールを2本飲みたい気分でした。ちなみにこっちでビールは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. LIFE STYLE

    アツさは言語の壁を越える
  2. LIFE STYLE

    ノルウェーの冬は寒いから素材が大事
  3. SNOWBOARD

    Video Blog シリーズ第二弾をリリース。
  4. SNOWBOARD

    スノーボードへの向き合い方を変えた一言
  5. LIFE STYLE

    Holmenkollenに行ってみた。
PAGE TOP