オフシーズン

仕事終わりにスノーヴァ溝の口に行ってきた

先週の木曜日、仕事終わりに念願のスノーヴァ溝の口に行ってきた。

スノーヴァ溝の口とは皆さんご存知の通りの屋内ゲレンデで、関西に住んでいる時によくお世話になったスノーヴァ羽島の兄弟である。

今、職場は駒沢大学駅の近くにあり、そこは自分が住んでいる所から田園都市線という路線で一本で通勤が出来る。
その自分が住んでいる場所と職場がある駒沢大学のちょうど間に溝の口がある。

これは偶然ではなく、俺の計算通りだ。笑

関西から関東に移る時にあわよくば屋内ゲレンデのスノーヴァが電車圏内にしようと思っていろいろ物件を探していた(ほぼ探してないが)。
もしそんな理想の場所が見つかれば昼間はスケートして仕事終わりにスノーボードに行けるという、
都市型横乗りライフを実践出来る。

そして俺はその理想の場所に恐らく住んでいる。

仕事を19時ごろに終え帰宅したのが19時45分。

そこから用意や移動でスノーヴァに着くのが21時前だ。
この時間に着いても2時間滑ることが出来る。

2時間をあなどることなかれ。

普段なら4時間くらい滑らないと気がすまないが、仕事終わりで少し疲れてる体には2時間をしっかり集中して一息で滑るほうが遥かに効率がいい(と感じた)。

スノーヴァ溝の口は曜日によってレイアウトが全然ちがうからホームページを毎回チェックした方がいい。

木曜日は、簡単なBOXと塩ビレールのレイアウト。

ちょっと物足りない気もするが、塩ビレールは普段試せない技を練習するのにもってこい。
ケツから落ちても全然痛くないし、いろいろ新しいことを試せた。
フロント1イン、キャブ3アウトが出来たのがいい収穫だった。

オスロに住んでた時は働いてても毎日滑れたのでフィールドは少し違えど、
“働きながら毎日滑る”を実践出来る環境にいられるのは自分にとってお金よりも何よりも嬉しい。

スノーボードやっぱり楽しい

実はもっと早くにスノーヴァに行こうと思えば行けたはずだった。
スノーボード大好きだけど、スノーボードしたくなくて。
好きなことだからこそ現実見るのがめちゃくちゃキツイんだよなあ。

とかいろいろあったんだけど、
「あーもういっちゃえ」
の行動1つでもう一回火が完全に着いた。
結局行けばアツくなっちゃうのは自分でわかってんだから。

気持ちに蓋をするよりやってしまったほうが遥かに気持ちいい。

というわけでこれからスノーヴァに通いたいと思います。

ピックアップ記事

  1. いつの間にかスキー場を動かしていた話
  2. ノルウェースノーボードシーンの”リアル”はどこにある?
  3. ついにノルウェーは本格シーズンイン!!
  4. ノルウェー流!!アーバンスノーボードのすすめ【ライフスタイル】
  5. スノーボードの祭典でもドレスコードはスーツでした。

関連記事

  1. スノーボード

    ノルウェー流!!アーバンスノーボードのすすめ【ライフスタイル】

    日曜日にVaringskollenというオスロから電車で40分のスキー…

  2. スノーボード

    ノルウェーくらいウィンタースポーツが身近にあってほしい

    昨晩また予期せぬ15cmくらいの雪がオスロに降りました。そして…

  3. スノーボード

    BENCH HEAVENというイベントでみたフリースタイラーの本気。

    先週の土曜日BENCH HEAVENというジブイベントに参加してきまし…

  4. スノーボード

    SUPERVENTION2が教えてくれること

    今ノルウェーで話題のSUPERVENTION2という映画を見てきました…

  5. スノーボード

    オスロから若干離れた小さなスキー場の大会に出てきた。

    Ringkollenというスキー場であったSpring melt do…

  6. スノーボード

    真夏のオスロの中心でスノーボードしてみた。

    こっちにきて摂取カロリーよりも運動量の方が多くて最近痩せてきている気が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP