SNOWBOARD

怪我負いで地区大会に出場しようとした話

2月21日、俺は鷲ヶ岳スキー場に居た。
理由は全日本選手権の出場権をかけたスロープスタイルの西日本地区予選に出場するため。

大会のキッカーを目の前にして飛ぶか飛ばないかを真剣に悩んでいた。

東京から鷲ヶ岳スキー場に行くのは、かなりの距離だ。
夕方仕事が終わってから新幹線に乗り込んで滋賀の実家へ。そこから車に乗り換えて2時間半かけて鷲ヶ岳スキー場。
途中流石に眠気もやばくて到着したのは深夜2時だった。
そこから車泊。当然コンディション的には整わないのは承知だがそんなことは正直どうでも良かった。

意識は全て自分の肩に向かっていた。

遡ること2月16日竜王スキー場。
その日の調子は悪くなかった。だけどなんとなくいつもより板に乗れてないような不思議な感覚があった。
というのも、ブーツを交換したり普段しないようなことを結構していた。

そんな状態で調子に乗ってしまって肩から落ちて負傷。不運にも飛びすぎていたため、もろに肩で衝撃を受けてしまった。
思い返せば、いつもと違うような感覚を感じていた時点でセーブするべきだった。まだまだ自分の体の状態への理解が甘い。

肩が上がらないとはいえ1年に一回の地区大会を棒に振るわけにはいかない。
出ないという選択肢は、なんのためにノルウェー行ってオフシーズンもオフトレしてたのか分からなくなる。
もちろんそれだけのためにスノーボードをしているわけじゃないけど、JSBAのプロ資格を狙うというのは、俺の中で逃げてはいけない領域だ。

とはいえ肩の調子はすこぶる悪かった。

出来る限りのテーピングをしてロキソニンも張りまくって痛み止めも飲んで、
「たった1時間でいいからいつものように動いてくれ」と願った。

だが全く動かなかった。

練習の時点でキッカーをストレートで飛ぶのがやっとで、とてもじゃないけど回せるような状態ではなかった。
フロントボードスライドも全く前肩が開かない。
キッカーで肩が上手く使えないというのは本当に致命的。

そんな状態で720⇛720なんてルーティーンを狙いに行くのは不可能だ。
そもそも万全の状態でも5分の戦い。

大会にエントリーして会場にまで足を運んでスタートラインに立って「飛ばずに棄権」という選択をした。

ハッキリ言うとダサすぎてマジで消えたかった。笑

でも再起不能の怪我をしかねないような体の状態だった。
それは今までいろんな怪我をしてきたからというのもあるし、2月16日のことを踏まえるとやらない選択が正しいと思った。

帰ってからも中々痛みが取れないので病院にレントゲンを撮りに行ってみた。

結果は肩の骨が折れていた。

自分の中では「あーやっぱり」という感覚。
大体レントゲン取りに行くような痛みの時はキャパオーバーなのでセーフだった試しがない。

医者の診断では全治2ヶ月くらいらしいけど、動かせるようになったらとりあえず滑り出そうと思うので「実質1ヶ月かな」という
自分尺度でポジティブに過ごしたい。

体のキレを失わないように調整しながらパワーアップして復帰する!

ピックアップ記事

  1. いつの間にかスキー場を動かしていた話
  2. ついにノルウェーは本格シーズンイン!!
  3. ノルウェーならスノーボードと仕事を1日で両立出来る
  4. スノーボードへの向き合い方を変えた一言
  5. Hammer Banger Session2018に行ってきました

関連記事

  1. SNOWBOARD

    ノルウェーのスキー場の楽しみ方。

    どうもお久しぶりです!相変わらず毎日滑っているたかひろです。2…

  2. SNOWBOARD

    オスロならハーフパイプを4月末まで楽しめます。

    季節外れの雪が昨日降りました。4月の末になって雪が降るのはなかなか…

  3. SNOWBOARD

    スノーヴァ新横浜のイベントSuper Jib Day 2018に行ってきた

    Super Jib Day 2018昨日はスノーヴァ新横浜で行われ…

  4. SNOWBOARD

    ついにノルウェーは本格シーズンイン!!

    ノルウェーのスノーボードシーンがここ数日で非常に盛り上がってきました。…

  5. SNOWBOARD

    ノルウェーならスノーボードと仕事を1日で両立出来る

    日曜日にVaringskollenというオスロから電車で40分のスキー…

  6. SNOWBOARD

    スノーボーダーのキャリアをノルウェーで考えてみた

    プロスノーボーダーとはなんなんだ?日本でもこの問いはよく議論されて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. LIFE STYLE

    自転車をコンセプトにしたオスロのカフェがおもしろい。
  2. LIFE STYLE

    慣れは優れた機能だがそれは人の成長を止める
  3. ノルウェー

    ワーホリのビザに業者は要らない
  4. SNOWBOARD

    簡易ワックス台を100均にあるもので作ってみた。
  5. SNOWBOARD

    スノーボードへの向き合い方を変えた一言
PAGE TOP