SURF

サーフィンで初心者の”こころ”を思い出す。

久々に書きます。

最近サーフィンにハマった。

ここ1ヶ月の間にサーフィン好きの男が会社にジョイン。
2週間前、その熱い男に誘われる形で半年ぶりにサーフィンをしに鵠沼海岸へ。

もともとサーフボードは大学2年生くらいの頃に知り合いのスノーボーダーの人に譲ってもらって(当時2万くらい払ったかな・・?)持ってた。
金もないくせに意外と大学時代から3Sをやる準備は整えていた。

が、しかしその譲ってもらったサーフボードが全然浮力のないピンピンのエキスパートな板だったので、初心者の俺には全く乗りこなせず大学時代はサーフィンを好きにならなかった。
(あとあと思い出したが譲ってくれた人の理由も全く乗りこなせなかったと言ってた)

ちなみに半年前、千葉にサーフィンに行った時は自分の板じゃ楽しくないので友達の浮力のあるサーフボードを借りて楽しんだ。

そんな背景もあり、2週間前は久々に自分の板に乗ってのサーフィンだった。

例年にない猛暑で海の上が本当に気持ち良かった。
海に入ってるだけでも気持ちいい。
それだけでも良かったのに予想外のことが起こる。
なんと、久しぶりに自分の板に乗ってみると昔よりサーフィンが出来たのである(!?)

自分の中で要因が2つある。
①ストイックなジム生活で浮力のない板でも前に進めることが出来るバドル力が知らぬ間についていた。
②セットで腰あるかくらいの波で、風もなかったので乗りやすかった。

この2つの要因があって、自分の期待値以上に波に乗れて楽しめたのである。
乗れたと行っても一瞬立ち上がってまっすぐ進んだだけだったけど、サーフィンにハマるには十分な快感だった。

あの難易度の高い板で、全く練習もしてなかったのに、いきなり乗れたので完全に勘違いを起こす!!

そうなるともう止められない。

横乗り快感アドレナリンが止まらない。

結局その快感に味をしめて、次の日も早起きしてサーフィン。
次の日は全く乗れなかったけど、それでも良かった。
昨日の快感を味わってしまっているのでその余韻だけで多分1ヶ月は勘違い出来る。

その勘違いの余韻は翌週へも続く・・!!

先週の土日は千葉は作田、九十九里へ。

週末サーフィンをするためだけに借りているという家に泊めてもらう。
なんと家賃フリー。横乗りのつながりは素晴らしい。

サーファーによるサーフィンのためだけに存在する家。


帰ってきたらすぐに干せる。


シャワールームは”砂と塩を落とす”ということに特化している。


この2段ベットは見た目以上に快適。
エアコンはないから、窓全開なので、火をつけるタイプの蚊取り線香が大活躍。

家から海は歩いていけるので、「こんなに長いこと海に入ったことないわ!!」っていうくらい2日間海に浸かる。
そんだけ海に入った後に飲むビールはくそうまい。

その瞬間、あーーーー俺横乗りやってるぅーーーーーーー!!って気分になる。

あ、これスノーボードでも同じ気分味わったな、なんてシンクロする。
あ、じゃあこれ俺の好きなやつやんってなる。

そうなると、もっとうまくなりたいと思うわけですよ。

じゃあ何が必要かって、エキスパートの板じゃなくてパワーの無い波にも乗れる浮力と大きさのあるショートボード。

買うしかないですよね。

買ってきました。


アルメリックの名盤、フライヤー。
(今日知った)

なんと特価で9800円!!
エキスパートな店員さんが店舗に居てくれると本当に助かる。
思い返せばスノーボードを本格的に始めた時もプロショップの店長にいろいろ教えてもらっていい買い物できたなあなんて思い出す。


かっけえフィンも3000円で買えた!
そもそもフィンの相場が軽く1万円を超えるのに驚く。

計13,000円くらいでサーフィンのコンプリートが完成。

これ多分スノーボードに置き換えちゃうと、「ブックオフで5000円くらいのちょっと状態良いBURTONのCUSTOM買ってテンションが上ってるくらいのレベル感」なのかもしれないけど、サーフィン初心者の俺からしたらこの買物はバイブスをあげる大きな一歩。

この高揚感は初心者の頃しか感じられない。

年を重ねると初心者になることが年々減ってくる。
思考がそうさせるのか、環境がそうさせるのか。

思考で言えば年を取れば取るほど、もう~歳なんで・・・とかいってまず新しいことに挑戦しなくなる。
環境、とくに社会人になれば基本的には1つの役職のキャリアを積み重ねていくことが重要とされるし、転職のときでもその道のプロフェッショナルが好まれる。
だからわざわざ初心者に戻るようなことはめったにしない(もちろんどんどん新しいことに挑戦する人はいるが)。

サーフィンのおかげで久々に初心者の気分になれるので、楽しむだけじゃなくてそこからスノーボードでは感じられらくなったようなことを思い出せたら波に乗る以上に意味のある週末になりそうな気がする。

だからこのサーフィン初心者期間をを全力で楽しんで、人生の学びに変えていく。

続く。

ピックアップ記事

  1. ノルウェースノーボードシーンの”リアル”はどこにある?
  2. 【レビュー】BONX Gripを買うか迷ったら見て欲しい!!
  3. 現金は要らない?北欧のキャッシュレス化がすごい
  4. ノルウェーならスノーボードと仕事を1日で両立出来る
  5. スノーボードの祭典でもドレスコードはスーツでした。

関連記事

  1. SURF

    写真で振り返るここ最近のサーフィン

    最近は、毎週サーフィンに行ってる。後輩がカメラを買ったので、そ…

  2. SNOWBOARD

    サーフィンしてからスノーボードをする週末

    サーフィンにハマってからは、サーフィンしてからスノーボードに行くことに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ノルウェー

    たかひろ、仕事見つけたってよ。
  2. LIFE STYLE

    ノルウェーではsoccerではなくfootball。
  3. LIFE STYLE

    書いてるうちに書きたいことが後半に見つかる
  4. LIFE STYLE

    仕事と好きなことの垣根はないほうがいい
  5. LIFE STYLE

    それは不運か幸運か?
PAGE TOP