SNOWBOARD

SNOW BANK 2018のレールジャムに出場してきた

今年も東京雪祭2018-SNOW BANK PAY IT FORWARD-の時期がやって参りました。


あまり日常生活の中では日の目を浴びることがないスノーボードが注目を浴びるこのイベント。
代々木公園に雪を持ってきてレールセッションが出来る。エントリーは5000円払えば誰でもエントリー出来る間口の広い大会。
1日目は一般男子、2日目はプロセッションという形でバッチバチにプロとアマがシーズン初めに、大衆の目の前でバトルが出来る最高のイベントだ。

去年俺はこの大会、一般男子の6位で初日を通過し2日目のプロセッションへ進んだ。

今年の俺の目標は絶対にプロセッションへ進み、上位入賞だった。

気温20度超えの真夏のようなセッション

今日は11月としてはかなり気温が高かった。

特設レール周りに敷き詰めた雪はみるみるうちに溶けていった。

その分かなりテクニカルなコンディションになっていった。
まずリップの雪が無い状態になっていたのでかなりレールの高さを感じた。

何本か滑っても、かなり合わせるが難しい。(全員一緒の条件だが)。
スノーヴァのジブアイテムは、ほとんどオーリーをかけなくてもリップのきっかけを使ってインが出来るような設計になっている。
そこでかなり練習していたので、ブラッシュみたいな自分でオーリーして乗せに行くようなアイテムはかなり感覚が違った。

それでも上手いやつはやっぱり乗れてるし、乗せてくる。
リップの高さがうんぬんで言い訳するようなことは言いたくない。言い訳ではなくてあくまで事実としてお伝えしているw

というわけで、とにかく事前のイメトレは全く役に立たなかった!!!!!

最後に出したFS3アウトに救われる

なんかハマってるようなハマってないまま予選の時間は過ぎてゆく・・。

「あかん、このままやったらほんまに予選落ちや!!!」
とマジで思ったので、自分のペースをあげるためにも回しにいった。

View this post on Instagram

SNOW BANK2018? 今年もこの季節がやってまいりました。この日のためにこの1ヶ月半くらいほぼ毎日仕事終わりにスノーヴァ溝の口に行ってました。でもやりたかったことの半分も出来ず。。今年は2日目に残れず悔しい結果になってしまいました?どんだけハードなコンディションでも乗れてるやつは乗れている。 でも去年より、かなりレベルの高いメンツの中で決勝まで残れたことは自信に繋がったし、この悔しい思いを次の大会にぶつけたい?引き続きスノーヴァ溝の口生活を続けたいと思います☃️ * Thanks * @ranchan1213 @mainanmeow @proty_osaka @alis_dk @snowbank_daze #snowbank #東京雪祭 #yoyogipark #bonx #proty_osaka #alis_dk #alis_jp #gomakenoise #snowboarding #jibbing #butron #degenerati #unionbindings

A post shared by Takahiro Nishii (@takahiro_241) on

結果、それが完璧にはまる。

しかし、総合的に見て確実に俺は予選が通過できるか出来ないかのボーダーライン。

予選通過していることを祈った。

気持ち的にふわふわしたまま決勝へ

予選通過の発表を見知らぬ子供と遊んでいて聞き逃したが通過!

なんとか12/60で予選を通過していた!!!(めちゃくちゃくちゃ嬉しかった)

あとはかますだけだかますだけだかますだけだ・・!!!!!!!!!

そう思って望んだ。

一般決勝は通過点のはずが・・

予選はマジでメイク率との戦いだったが、決勝は12人のジャムセッションでいかに印象を残せるか。

そこにかかっていた。

しかしやっぱり今日はレールに上手くハマってくれない。

やれどもやれども納得行く1発は出ず、決勝が終わってしまった。

1番の敗因は、やはりリップが予想以上にキッカケがなく合わせるのに苦労したところだろう。
あとはアプローチも結構難しい。自分が調子良い時のポジションにハマってくれなかった。

まあ、結論言うといつも同じところで滑りすぎたって事かもしれないな。
もっとブラッシュとか別の場所でいろいろ試すべきだったと思う。
どんな場面でも自分のレールへのハメ方をちゃんと確立してないといけないと感じた。

今年は2日目に残れず・・

目標としていた、2日目のプロセッションには残ることが出来なかった。

決勝の圧巻の滑りはやはり、「タマムラタカシ」
B3inの1アウトという鬼のようなトリックを決めてた。
2位のマーシーくんも綺麗に乗せてた。

やっぱり飛び道具じゃなくてきっちりレールの最後まで乗れないとだめだね。逆を言えば乗れてれば結構上位は狙える(それが出来れば苦労しない)

まあ全然メイクしてなかったから妥当だし、通過してても「あいつがなんで通るんだよ」ってなるからね。

このスノーバンクはほんとに良い大会。
周りの友達もたくさん見に来てくれるから、とにかく日の目を浴びるまで何度でもリベンジしたい!!
来年こそ下剋上だ!!

さあまたスノーヴァ溝の口生活がはじまるぞー。

去年の記事はこちら

ブログランキング参戦中

スノーボードランキング

続く。

ピックアップ記事

  1. スノーボードの祭典でもドレスコードはスーツでした。
  2. いつの間にかスキー場を動かしていた話
  3. スノーボードへの向き合い方を変えた一言
  4. 【レビュー】BONX Gripを買うか迷ったら見て欲しい!!
  5. ついにノルウェーは本格シーズンイン!!

関連記事

  1. SNOWBOARD

    スノーボーダーのキャリアをノルウェーで考えてみた

    プロスノーボーダーとはなんなんだ?日本でもこの問いはよく議論されて…

  2. SNOWBOARD

    SUPERVENTION2が教えてくれること

    今ノルウェーで話題のSUPERVENTION2という映画を見てきました…

  3. SNOWBOARD

    CLWRが好きだからスウェーデンの本社に行ってみた

    2年前に日本でCOLOUR WEARが展開されるようになってから毎年C…

  4. SNOWBOARD

    スノーボードへの向き合い方を変えた一言

    「スタイルっていうのはな日常とかその人のライフスタイルがそのまま出るね…

  5. SNOWBOARD

    ノルウェースノーボーダー達のトリップが楽しそう。

    先週Oslo vinter parkでFykseにあった時、「明日から…

  6. SNOWBOARD

    ノルウェーのスノーボードシーンが3日で理解できる大会に参加してきた。

    ノルウェーで最もフリースタイルなチーム制の大会に3月17日から3月19…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. SNOWBOARD

    【レビュー】BONX Gripを買うか迷ったら見て欲しい!!
  2. LIFE STYLE

    書いてるうちに書きたいことが後半に見つかる
  3. LIFE STYLE

    プロローグ 出発と到着まで
  4. SNOWBOARD

    オスロから若干離れた小さなスキー場の大会に出てきた。
  5. SNOWBOARD

    怪我からの復帰は身体的な部分よりもメンタル。
PAGE TOP